2016.11.10

Fine 2016.12月号

Fine 2016.12月号は秋冬のスナップ特集。今回はペンをカメラに持ち替えて、撮影を担当しました。スナップされど上手に撮るのは、時間もかかるしむずかしい! 春のときの「もっとこうすればよかった。。」というのも思い出しながら、その時よりはいい感じに撮れたかな〜。 南房総は、君津SOUTH surf shopのヤスさん、館山のヘアサロンgeneの沼野さん、鴨川のヘアサロンcrinkleの大石さん。 一宮は、nakisurfの萩生田さん、児玉さん、それに鈴木さん。 楽しい撮影でした。今回はど

contnue Reading ...

2016.11.10

Blue. 62

今月もお手伝いさせていただきました。 個人的には、いまブーム真っ只中の韓国のサーフィン事情を取材した特集がとても興味深かったです。お隣の国でもおもしろそうなカルチャーが芽生えつつあります。とても近い距離なので(実際九州なんかはすでに交流を持っているそう)、より多くのサーファーの交流が生まれると良いなと思っています。 旅したオーストラリアで出会った韓国人たち、みんないいヤツばっかだったもんな〜。 僕の方は、今回はBlue.selectファッションページをお手伝いさせていただきました。

contnue Reading ...

2016.11.09

ひかりの方へ

その絵からも、ご本人との会話からも、いつもたくさんの気づきをいただいている南房総を代表する芸術家、宮下昌也さんの展覧会のお知らせです。もう何年になるんだろう? 毎年この時期になるとつくらせてもらっています。今年のフライヤーは、とってもしっくりデザインが馴染んで気持ち良い紙面です。

contnue Reading ...

2016.06.08

田舎暮らしの本 2016年7月号

6/3より発売の田舎暮らしの本7月号で、トレーラーハウスの特集を少しお手伝いさせてもらいました。キャラバンやトレーラーハウスは設置したら即入居可能なことと、車両扱いなので固定資産税がかからないのが大きなメリット。タイニーハウスを趣向するなら、絶対候補に入れておきたい選択肢のひとつです。取材者の方もサーファーの週末拠点として大満足のようでした。 この日は小さめですが波もあり、取材前に1ラウンド、取材者の方と待ち合わせてセッションしたりと、南房総らしい楽しい時間でした。ローカルに新しい出会いがある

contnue Reading ...

2016.05.14

OLIVES 2016

また今年もこの季節がやってきた! 去年よりも花芽が少ない。秋と冬に観察をサボってしまったからかも。でも、今まで花芽がつかなかった木につぼみがついたのはうれしい限り。今年はどれくらい収穫できるだろう。早く本数を増やしていきたい。

contnue Reading ...

2016.05.14

GREENROOM mag vol.02

GREENROOM Festival 2016に先駆けて、GREENROOM mag vol.02が発売中です! これは、GREENROOMがフォローするビーチカルチャーをさまざまな角度から切り取ったガイドブック。海や海の空気を含んだ空気感がもっと好きになれると思います。 今回KUJIKAはこのムックの編集長を務めました。これまで経験していなかったことも現場で味わうことができ、ワンステップアップできました。 お世話になった方、影で支えてくれた方、多数。みなでひとつのものを創り上げる醍醐味を存

contnue Reading ...

2016.04.24

Surfrider Foundation Japan × Blue. × KUJIKA

「10% for Our Beach」プロジェクトは、アイテムの収益の10%をサーフライダー・ファウンデーション・ジャパンに寄贈し、海をめぐる環境活動に役立ててもらうためのプロジェクト。僕たちKUJIKAもその動きに賛同し、その第一弾として、リサイクルペット素材を100%使用したecomateというマグカップにメッセージを載せさせてもらいました。 マグカップ、たくさん持ってるならそれを使い続けてもらいたいけど、もし必要になる機会があるなら、そのチョイスに加えてもらえると嬉しいです。他にもいろん

contnue Reading ...

2016.04.24

Bocchi the peanuts in the shell

http://bocchi-peanut.jp   KUJIKAがブランディングをお手伝いしている千葉旭ローカルのピーナッツブランドBocchiから、かわいいサイズのからつき落花生がデビューしました。 たくさんのクラフトベーカリーのシェフたちが使っているBocchiの素材のルーツです。 九十九里の砂まじりの肥沃な土壌でじっくり育ったピーナッツを20行程を経ながら丁寧に選別して、熟練職人のみなさんがベストな状態で焙煎。この焙煎具合が超絶妙で、良質の素材とそれを引き出す焙煎

contnue Reading ...

To top