KUJIKA | EDITORIAL

2016.11.10

Fine 2016.12月号

Fine 2016.12月号は秋冬のスナップ特集。今回はペンをカメラに持ち替えて、撮影を担当しました。スナップされど上手に撮るのは、時間もかかるしむずかしい! 春のときの「もっとこうすればよかった。。」というのも思い出しながら、その時よりはいい感じに撮れたかな〜。 南房総は、君津SOUTH surf shopのヤスさん、館山のヘアサロンgeneの沼野さん、鴨川のヘアサロンcrinkleの大石さん。 一宮は、nakisurfの萩生田さん、児玉さん、それに鈴木さん。 楽しい撮影でした。今回はど

contnue Reading ...

2016.11.10

Blue. 62

今月もお手伝いさせていただきました。 個人的には、いまブーム真っ只中の韓国のサーフィン事情を取材した特集がとても興味深かったです。お隣の国でもおもしろそうなカルチャーが芽生えつつあります。とても近い距離なので(実際九州なんかはすでに交流を持っているそう)、より多くのサーファーの交流が生まれると良いなと思っています。 旅したオーストラリアで出会った韓国人たち、みんないいヤツばっかだったもんな〜。 僕の方は、今回はBlue.selectファッションページをお手伝いさせていただきました。

contnue Reading ...

2016.06.08

田舎暮らしの本 2016年7月号

6/3より発売の田舎暮らしの本7月号で、トレーラーハウスの特集を少しお手伝いさせてもらいました。キャラバンやトレーラーハウスは設置したら即入居可能なことと、車両扱いなので固定資産税がかからないのが大きなメリット。タイニーハウスを趣向するなら、絶対候補に入れておきたい選択肢のひとつです。取材者の方もサーファーの週末拠点として大満足のようでした。 この日は小さめですが波もあり、取材前に1ラウンド、取材者の方と待ち合わせてセッションしたりと、南房総らしい楽しい時間でした。ローカルに新しい出会いがある

contnue Reading ...

2016.05.14

GREENROOM mag vol.02

GREENROOM Festival 2016に先駆けて、GREENROOM mag vol.02が発売中です! これは、GREENROOMがフォローするビーチカルチャーをさまざまな角度から切り取ったガイドブック。海や海の空気を含んだ空気感がもっと好きになれると思います。 今回KUJIKAはこのムックの編集長を務めました。これまで経験していなかったことも現場で味わうことができ、ワンステップアップできました。 お世話になった方、影で支えてくれた方、多数。みなでひとつのものを創り上げる醍醐味を存

contnue Reading ...

2016.04.24

田舎暮らしの本 2016.05月号

現在発売中の「田舎暮らしの本」2016.05月号は、首都圏の田舎特集。千葉のページは南房総をピックアップしました。やはり関東圏では投票でも人気の田舎だそう。写真は今回取材させていただいた永森さん率いるhafoonのみなさんたち。 Photo: Michio Yamashita   南房総市三芳地区の築300年の古民家が建つ敷地を舞台に進行するシェア里山プロジェクト「hafoon」 https://hafoon.wordpress.com   にはじ

contnue Reading ...

2016.01.10

Blue.57

今号のBlue.ではGRINDLODGEの菱沼708直哉さんを直撃イタンタビュー。スケートを始めた幼少期からの生い立ちや、彼のワイフワークであるGRINDLODGE DIY GARAGE PROJECTについて語っていただきました。

contnue Reading ...

2015.11.09

Blue.56

今回の付録でついているRHC Ron Hermanのカレンダー、写真も手触りも本当にキレイです。毎年このカレンダーを見ると、今年もあとちょっとだな〜と感じてしまいます。 今号もたくさんの取材記事が掲載されていますが、個人的に好きなのはフランスは有名なワインの産地メドック地方にある、モンタリヴェという田舎町の特集です。自然や農とサーフィンとがバランス良く溶け込んだ日常が、とても豊かでクリエイティブです。 そして、NAKIさんの巻頭のエッセイが素晴らしく、自分とちょっぴり重ね合わせてみるとウルッ

contnue Reading ...

2015.11.09

SALON INTERVIEW

今日は、館山でサロンアイテムを扱う美容ディーラーIida Beauty NetworkさんのWeb用に、お取引サロンさんを紹介するページの取材でした。立地条件に恵まれていなくとも、確かな技術とプロモーションの工夫で、界隈の30〜40代女性が足繁く通うサロンをつくりあげているオーナーさんのお話をうかがいました。後日、サイトにアップする予定です。 www.iida-beauty.net

contnue Reading ...

To top